スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング

白梅干を手作りしよう







梅干を手作りしてみませんか?ご自分で梅干・梅ジュースを作ってみませんか。青梅と完熟梅のとれる時季がことなりますので、梅干用・梅ジュース用を選択してください。【梅干し・梅酒用】【紀州南高梅】青梅5kg「秀」
販売価格 5250円総評価 0.0点 レビュー0件
青梅 5kg 粒数の目安3Lサイズ約125粒~175粒4Lサイズ約 95粒~125粒 【紀州南高梅】 青梅5kg クール宅急便送料一覧 北海道 1,890円 関東 1,260円 中部 1,160円 四国 1,260円 北東北 1,470円 信越 1,260円 関西 1,160円 九州 1,260円 南東北 1,370円 北陸 1,160円 中国 1,160円 沖縄 2,000円 ※クール便での発送の為、同梱は出来ません。※ 青梅のご購入の前に必ずお読みください ※1.価格は1kgあたり1,050円での販売となります。2.送料の方は後日スタッフが訂正致しまして、注文確認メールを送信させて頂きますので必ずご確認ください。3.キャンセル・変更・同梱はできませんのでご了承くださいませ。4.青梅の購入時には用途によって青梅の種類をお選びください。5.青梅の用途によって、発送日が異なりますのでご注意ください。 ※梅酒・梅ジュース・梅エキス用 ⇒ 6月7日~20日まで ※梅干し用 ⇒ 6月14日以降(木で熟す為、少し黄色がかっています)6.お届けは6月7日~20日の間と6月14日以降になりますが梅の収穫状態や梅の出来高によって発送日が前後することもございます。(発送の前には、メールをお送りさせて頂きますので、ご確認ください。)7.梅の品質が変わらないようにクール宅急便での発送となります。8.青梅のサイズは当店お任せの3Lサイズまたは4Lサイズとなります。 ※3Lサイズ⇒重さ19g以上25g未満の直径4.1cm以上 ※4Lサイズ⇒重さ25g以上31g未満の直径4.5cm以上9.青梅をご注文頂いた場合のみ1万円超えましても別途頂いております。青梅の 予約受付は 5月11日から6月2日9時まで となります 



得意って言うわけではありませんが
毎年梅干作りをしています
今年で・・・10年くらいにはなるかな

そろそろ青梅もお店に出てきているので
ジュースやサワードリンク、梅干を作りたいと思っています^^

今回は梅干(紫蘇漬けではなく、白漬けです)




私の作る梅干は
塩分を控えない
しょっぱい梅干です
塩分を控えると、日持ちがしないことや
味を調えるのが難しいようです^^;;;

参考までに
去年の私のつけた分量です


下漬け

<準備>
生梅(紀州南高梅)2L~Lサイズ 5Kg

塩 (この量で大体塩分15%です)800g

日本酒             1Lくらい
(ホワイトリカー・焼酎でも可、料理酒もOKです)


梅 黄色



青梅・多少黄色くなっていたり赤くなっていたりするでしょうが
写真の色くらいになるまで
袋などの場合はあけて熟させます

熟させるとすっごくいいにおいになりますよ♪
でも、なまで食べるとおなかを壊すようですので^^;;;

青梅からこのくらいの黄色になるまでは2~3日程度置いておけば
大丈夫です^^


梅 水洗い




梅が熟したら

梅を水で洗います

ごしごし~っとするとキズがつくので
たらいなどのなかで
水にくぐらせて
汚れやゴミを取る感じで
ごろごろとしてあげるくらいで大丈夫

とにかく、キズをつけないように注意することが
大事です




梅 水切り



よく、作り方を見ると

優しく拭きましょう

となっていますが

拭かなくても
こうしてざるにあけて
しばらく水切りをすると
十分水が切れます^^

10分~30分もあれば十分です^^


この間に
梅のへたを取ります

竹串や爪楊枝で
1個づつ丁寧に、キズをつけないようにヘタを取っていきます

ヘタに竹串を刺してヒョイ

こんな感じで取れます^^


これを手を抜くと
出来上がった時にヘタを取りながら食べるのは結構面倒くさいので

手間がちょっとかかりますが
ココは手を抜かないほうがいいですね^^





★ココからが重要ポイント★


この先は一応手を抜かない重要なポイント

せっかく作り始めてもココを中途半端に手を抜くと
全部だめにしちゃうかもしれません^^;



難しくはないんですよ^^


梅 酒洗い



最初に、保存容器・漬け込み容器に、満遍なく消毒ができるように
お酒を回していきます(梅が触れる内側だけでOK)



ホワイトリカー(焼酎・日本酒・料理酒可能)で

梅を洗います



ボウルなどに
適量でいいので
(大体200~400ml程度)
お酒を入れて

その中に梅をゴロゴロと入れていって

つまりは
消毒作業なんですけどね^^


この、お酒で消毒、というのは
梅だけではないんですが


消毒した漬け込み容器に
お酒にくぐらせた梅を入れていく

やっていく間にお酒が結構減ります^^;

適度に補充しながら消毒していってください


全部の梅の消毒が終わりましたら

漬け込みの中蓋・重石なども消毒したいので
梅をくぐらせた汚れたお酒で消毒しましょう


これも満遍なくやってください

この作業は、カビなどの発生を抑えるにも有効のようです^^



梅 ホーロー
梅 ホーロー




こんな感じでホーローの容器に私は入れました^^



準備しておいた塩を梅に満遍なくつくように
入れていくんです

本当は何層かに重ねていくんですが
(説明上)

梅を洗いながらは結構面倒ですし
私は途中で1回だけ塩を1/3程度だけ中間で入れて

洗い終わりのころに1/3くらい入れて

容器のなかで
ふりふり~~っとなるべく満遍なく塩がつくように
ゴロゴロさせます


最後の最後に残った塩を一番上にかぶせるように入れます

上から塩を浸透させるような感じですね


梅 塩


次に重石ですが


まず最初は梅の倍の重さ

今回の場合は
5kgの梅を準備しましたので
倍の10kg分を準備します


1週間くらいつけたら白梅酢が上がるので
取り除いて(保存用のビンなどに入れておけばよいです)
保存しておきます

あとで使うし、料理などにも使えますよww


白梅酢を取ったら重石を半分(5kg)にします

最初に準備した梅の重さくらいということです

最初の重量よりも軽くしないほうがよいので
うまく重石が半分にならない時には
ちょっと重くなるようにしましょう


梅 重石





下漬けの最後の注意点


重石を乗せて
その上から


空気に触れないようになるべく密閉します

これが梅に最後にカビを発生させないようにするコツ

梅 密閉



大き目の買い物袋や70Lくらいの袋などが売ってたりするので

ゴムやビニール紐などで
できるだけ空気に触れないようにしておきます






これで一応下漬けの手順は終了



大体1週間ぐらいたつと

白梅酢が
梅を覆うようにた~っぷりあがってきます

そうしたら






果実酒用ビン 4Lサイズ
販売価格 600円総評価 0.0点 レビュー0件
焼酎1.8L + 梅の実1kg + 氷砂糖1kg用※液体のみで、4L入ります。※1ケースは6ケ入です。この容器に【 焼酎1.8L 1本 】【 梅1kg 】【 氷砂糖1kg 】入れると丁度良いくらいです。




こういうビンでもいいですし
無い様ならきれいに洗ったペットボトルでもいいので
梅をつけている樽から取り除きます


この白梅酢は、のちに使うのでそのまま取って置いてください


このあとは「土用干し」まで
何もしなくていいです

覗いたりもしなくていいです^^



土用干し








梅干しザル(干しざる) 2サイズセット
販売価格 970円総評価 0.0点 レビュー0件
梅干ざるの2サイズのお得なセットですサイズ 直径約53cm・56cm材質  竹




こういう「干しざる」があると便利です

まあ、高いし大きいので
最初ためしでやる程度とか
量が少ない(1~2kg)なら

安いすだれなどでもいいかな?


土用干しをする目安ですが

梅雨が明けて、3日以上晴天が続くころを見計らいます

大体、私は関東での場合
7月20~30日の間に干すことが多いです


3日3晩、外に干しますから

干せる場所を確保しましょう

庭などでもいいですが
危なくないように
(鳥の害・雨・ホコリ・泥など)
場所を決めます


なるべく日光に当たるように日当たりのいいところを準備しましょう


干す時には梅同士がなるべく重なり合わないように
くっつかないように離して並べます

1日に2~3回、できれば色々な面を日光に当てるようにするのがいいのですが

時間の関係などでできない時には
最低1日1回、梅の向きを変えます


夜は夜露に当てるようにするのでやはりそのまま干しておきます

最後の3日目の朝当たりに

下漬けをした時に取っておいた
白梅酢をビンごと(ふたはしておかないと全部蒸発しますからふたをきっちり閉めて)
日光に当ててこちらも消毒ww

3日目の夕方あたりに梅を干すのを終えます


この段階でかなりしわしわでカチカチ(水分があまりないから)

梅を取り込んだら

下漬けしたときに取っておいた
白梅酢で

日本酒を使って消毒したように

くぐらせて
ホコリや汚れなどを取って

保存容器に入れます


早ければ3ヶ月くらいから食べることができますが

やっぱり味のしみこみとかね
そういうのを考えると
半年くらい寝かせておくと

果肉もやわらかくなって
おいしい梅干になります♪


塩分15%なら
保存も大丈夫ですから
私の家では5~6年物を食べるようにしています^^


私が紀州南高梅をオススメするわけですが


普通の青梅よりも

やっぱり梅干にした時の果肉のやわらかさや味は
ぜんぜん違いました

ジュースなどなら普通の青梅でもいいんですが
梅干なら私は南高梅がいいと思いますよww


手作りならではの
愛着とか味わいがありますし

何よりちょっと手間はかかるけど
安心して食べられますよねww


今年は梅干作り、やってみませんか??
スポンサーサイト


ランキング

Navigations

オススメ♪

このブログを気に入ったら
お気に入りしてくださいね

サイトマップ(目次)

全ての記事を表示する

人気ブログランキング順位表!

+.(○´∀`ノノ イイナと思ったら
応援クリックお願いします^^

最近の記事

アクセスカウンター

メールフォーム

励ましの言葉など(あまり辛口だとへこむので)よろしかったら送ってください^^ コメント、TBは、スパムが多いので受け付けていません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。