スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング

チェーンスーパーでも価格が違う理由

チェーンストアといわれる
スーパーマーケットや、ディスカウントストアなどで

同じお店なのにどうして
○○店と××店で
価格が違うの?とか

○○店は▲▲円だけど
何でここのお店はそれより高いの?


なんてこと、思ったことありますか?

っていうか、私よく言われます(; ̄ー ̄A アセアセ・・・



チェーン店でも
価格って言うのは一律じゃあありません

県が違うとかそういう場合でも価格が変わることもあるし
お店ごとに取り扱っているものも違うこと、ありますよね


ちゃんと理由があるんです



それは・・・



ランキング



たとえ同じチェーン店でも

「競合店」が違うからです。


競合店っていうのは

そのお店の簡単に言うとライバル店。

違うチェーンのお店だったり
個人経営のお店だったり・・。


近くにある大手スーパーの価格と
競合しているんです


つまりよくテレビでもCMしているところがありますよね?

「他店より1円でも高かったらその場で値引き~」

みたいな事。


そういう風に
他のお店の価格を調査したりして
(市価調査、大体 市価調っていいます)

他店より安く~などとするわけです


で、その相手のお店によって

も~~のすご~~く安いお店と競合しているお店の場合は
当然同じ価格か、若しくはそれよりも安くしないと
お客さんがきてもらえません。

だから、原価ギリギリや、場合によっては原価割れ(仕入れ値より安くする)で
販売していることも
場合によってあるわけです。。。


だから、一概にチェーン店だからみんな同じ価格、というわけではないし

お店ごとの特徴
地域の特徴

そういう部分で
価格が変わっているものもあるわけです


品揃えにしても同じことが言えます

○○店にあっても▲▲店にはない

それは、結局
扱う売り場面積の都合であったり
交渉先のメーカーさんの都合だったり・・・



チェーン店だから全部が全部同じお店ではなくて


チェーンでも特性がある、ということなんです^^










チェーンストア能力開発の原則新訂版
販売価格 1426円総評価 3.0点 レビュー1件
チェーンストアの新・政策シリーズ 著者:渥美俊一出版社:実務教育出版サイズ:全集・双書ページ数:287p発行年月:2005年08月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)1 能力開発の方向(マンパワーづくりの意義と現状/チェーンストアマンの生涯設計/チェーン・システムの担い手=スペシャリスト/自己育成の方針/自己管理の内容)/2 組織の原則―スペシャリストへの第一ステップ(組織理解のための基本用語/責任と義務の原則/組織づくりの原則/命令の原則/マニュアルの意味と急所)/3 マネジメントの原則―スペシャリストへの第二ステップ(意味と機能/幹部の条件/幹部の行動/小集団活動/システムづくり/これから取り組むべき経営努力/次なる出発のために)【著者情報】(「BOOK」データベースより)渥美俊一(アツミシュンイチ)1926年、三重県に生まれる。1952年、東京大学法学部卒業。1962年から、チェーンストア経営研究団体ペガサスクラブを主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 流通






スポンサーサイト

Navigations

オススメ♪

このブログを気に入ったら
お気に入りしてくださいね

サイトマップ(目次)

全ての記事を表示する

人気ブログランキング順位表!

+.(○´∀`ノノ イイナと思ったら
応援クリックお願いします^^

最近の記事

アクセスカウンター

メールフォーム

励ましの言葉など(あまり辛口だとへこむので)よろしかったら送ってください^^ コメント、TBは、スパムが多いので受け付けていません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。