スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング

食べる落雁・飾る落雁

落雁(らくがん)

お彼岸やお盆のシーズンになると
スーパーやコンビニでも

お供え用の落雁が発売されていますね


落雁は、干菓子(ひがし)とも呼ばれ
江戸時代頃に
中国の「軟落甘(なんらくかん)」という菓子にあたるものが
変化してでてきたものだそうです^^


落雁は普段こうして目にすることが多いため
不祝儀(ぶしゅうぎ)の物と思われていることが多いかと思いますが

実際は、祝い菓子としても存在しています^^

干菓子は
日持ちがして、見栄えがよいことから
どちらにも重宝されたものなのです


新春の祝いや、家の新築の上棟などでも
振舞われています

祝いの落雁というと
主に鯛の形のものが一般的です

不祝儀の落雁というと
蓮の花や、菊の花といったものが一般的で

また、お供えに使うものは落雁だけでなく
金平糖(こんぺいとう)菓子や、ゼリー寄せ菓子、焼き和菓子なども
多く使われていますが
やはりなんとなく落雁を選ぶ方も多いかもしれません


落雁にも
食べるための落雁と、お供え用の落雁とあり

食べるための落雁はあまり落雁と名前としてついていないことも多いようです

食べるための落雁はよく「打ち菓子」とも表記されている
一口サイズのものが多いですね

中にあんが入っているようなものも多いです


引き換え、飾るための落雁というのは
完全に砂糖菓子のようなものは今は少なく
食べても味気がなかったり、しっかりした味ではないようで
砂糖として使えないものも増えているようです


長く飾っておくための飾り
だけど、一応食べられるもの
という感じでとらえるのがよいかもしれません

(つまり、次のシーズンになったら新しいものと取替え、処分しなくてはならない)


後処理を考えて
お供え後に食べるか、そのままお供えをしておくか
そういうことを踏まえて
落雁をお供えするか
違ったものを選ぶのかということも
考えてみる必要があるかもしれませんね

続く↓




ランキング

打ち菓子ってこんなもの

クリックで拡大↓




お祝い用の鯛の落雁

クリックで拡大↓




焼き和菓子セット
こういうものも比較的に日持ちするのでお供え後に食べられます
クリックで拡大↓



お彼岸やお盆に飾る
一般的な落雁 (菊の花)
クリックで拡大↓





お供えに、お菓子に、
どちらに使うかによって
これだけ選ぶことが出来ますよ♪
スポンサーサイト

Navigations

オススメ♪

このブログを気に入ったら
お気に入りしてくださいね

サイトマップ(目次)

全ての記事を表示する

人気ブログランキング順位表!

+.(○´∀`ノノ イイナと思ったら
応援クリックお願いします^^

最近の記事

アクセスカウンター

メールフォーム

励ましの言葉など(あまり辛口だとへこむので)よろしかったら送ってください^^ コメント、TBは、スパムが多いので受け付けていません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。