スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング

炭化させた男鹿半島の天然塩「黒い塩」、高級食材用途で人気に

平成19年度むらおこし特産品コンテスト(全国大会です)で経済産業大臣賞受賞男鹿半島の塩 黒...





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080222-00000001-hsk_ak-l05


炭化させた男鹿半島の天然塩「黒い塩」、高級食材用途で人気に

2月22日17時15分配信 秋田経済新聞



孟宗竹(もうそうだけ)に塩を詰めて炭化させた「黒い塩」
 秋田の物産展示会が2月21日、ポートタワーセリオン(秋田市土崎港西1、TEL 018-857-3381)で開催され、中でも昨年の「むらおこし特産品コンテスト」(主催=全国商工会連合会)で最高賞の「経済産業大臣賞」を受賞した「黒い塩」が注目を集めた。

 男鹿工房(男鹿市、TEL 0120-69-1140)が製造する「黒い塩」は、男鹿半島の海水100%で製塩した天然塩を「炭化させた塩」。輪切りの孟宗竹(もうそうだけ)に塩を詰めて竹炭焼釜で焼くことで「塩の炭」ができるという。




 「そもそも、社長の知人が『炭釜』を持っていたため試しに塩を炭化させたところ、上品でまろやかな美塩ができた」(同社・柿崎直哉営業管理部長)ため商品化したもので、「朝鮮半島では古くから炭化させた塩をマッサージ用途などに使っていたようだが、弊社では通常の2倍の工程をかけて製塩するなど、原料となる塩そのものにこだわっているため、食用のおいしい黒い塩ができたのでは」とも。

 店頭では「サンプルを味見した人の6割が購入する」(同)という好評ぶりで、同社は現在、1カ月に約125キログラムの「黒い塩」を製造し、50グラム入りの小瓶で2,500本を出荷しているが、「首都圏の大手百貨店などからのオファーもあるが、生産が追い付かないため断らざるを得ない」とうれしい悲鳴も。

 柿崎さんは「寿司のふり塩、さしみや天ぷらのつけ塩など、素材のいいものに使ってほしい」と話すが、同社には「豆腐にふりかけたらとスイーツのような味になった」「炊飯ジャーにひとつまみ入れたらごはんがおいしく炊けた」などの消費者からからの声も寄せられるという。

 あきた県産品プラザ(中通2)、トピコ(中通7)などで取り扱うほか、直販(TEL 0120-69-1140)も受け付ける。価格は525円(50グラム)。

セリオン
三ツ星料理人が「お取り寄せ」する秋田の納豆専門店(秋田経済新聞)
秋田県産有機野菜が食材の中国風家庭料理店(秋田経済新聞)
秋田で無添加の手作りみそ講習会-食の安全から口コミで人気に(秋田経済新聞)
東京・品川に秋田名物「体感ショップ」(秋田経済新聞)

最終更新:2月22日17時15分
秋田経済新聞


こちらから購入できます





スポンサーサイト


ランキング

Navigations

オススメ♪

このブログを気に入ったら
お気に入りしてくださいね

サイトマップ(目次)

全ての記事を表示する

人気ブログランキング順位表!

+.(○´∀`ノノ イイナと思ったら
応援クリックお願いします^^

最近の記事

アクセスカウンター

メールフォーム

励ましの言葉など(あまり辛口だとへこむので)よろしかったら送ってください^^ コメント、TBは、スパムが多いので受け付けていません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。