スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング

食品開封後の保存(チーズ編)

-PR-
お家で手軽に出来る
チーズフォンデュのメーカー
チョコフォンデュもお任せ♪





食品を開封して保存する

すべて購入してすぐに使い切るということ自体は

もともと少ないですよね



1回使いきりのものを使っている場合はともかくとして

開封したあと、どんな保存をすると

どのくらい使えるのかというような話です



(ただし、日にち等は、参考程度です、食品保存の保障をするものではありません)



今回のテーマは「チーズ」

基本的にプロセスチーズに関してです^^



一番一般的なのは「プロセスチーズ」といいます

これは塩を加えて保存が利くようになっている

よく見かけるブロックチーズなどの総称でもあります^^



使い方は包丁でスライスしたりしてサラダのトッピングにしたりすることが

多いかな?



スライスされているものもありますが

有名なところで、初期に出たものが


クラフト切れてるチーズ
などがありますが

切れていないチーズの代表格だと

雪印乳業 北海道100チーズ





どちらにしてもなんですが

開封して空気に触れることで

乾燥や、カビの発生が起こります



なるべく空気に触れないようにして冷蔵保存をしますが

開封後は1ヶ月くらいで食べきるようにしてください

賞味期限は未開封の状態での保存期間ですので・・・



次に、スライスチーズ

食パンに挟んだり焼いたりするのによく使われますね

スライスチーズは、フィルムに挟んであるので

カビの発生や乾燥には比較的に強いですが

やはり開封後は1ヶ月以内くらいで食べきってください

タッパー保存などをしておくのをオススメします^^



シュレッドチーズ

耳慣れないかもしれませんが

ピザ用チーズなどと表記されていることも多い

薄くて小さいチーズです

代表的なものは


明治乳業ピッツアミックスチーズ



このチーズは小さく、空気に触れる面積が多くなるので

ものすごくかびやすいです

開封後は「冷凍保存」することをオススメします

(若しくは、1回使いきりパックに分かれているタイプなど)

開封後で冷蔵保存では1週間くらいが限度です

冷凍でしたら2ヶ月程度ですね

冷凍も空気が触れないようなジッパー式の袋などに入れて

保存が一番のオススメです



最後に粉チーズ

粉チーズというと大体パスタにかけて食べるのが多いですかね



粉チーズは水分が少ないので

そのまま冷蔵庫保管でもOK

ただ、すぐに固まるので

出来れば空気に触れないようにすると

サラサラのまま使えます



ですが、開封後はやはり1ヶ月以内を目安に使い切ったほうがよいでしょう





ついでに

6Pチーズやベビーチーズといった

アルミフィルムに保存されているチーズですが

基本的に賞味期限までは大丈夫です

ですが、もちろんアルミが切れていたりしてはNG



キャンディーチーズなど(キャンディー風にフィルムを巻いてあるもの)は

密閉ではないのでタッパーに保管します



いわゆるナチュラルチーズという分類のもの

(カッテージチーズ・モッツアレラチーズ・マスカルポーネなど)

に関しては

もっと日にちが短くなります

基本的に生もの(塩分が入っておらず、保存が利かない)ですので

3日程度で使い切りましょう



カマンベールチーズなどの周りにカビをつけて保存しているチーズですが

(カマンベール風、というのではなく)

ホールのままですと少し保存できますが

開封して、切ったら、同じように数日しか持たないと考えてください。


-PR-

チーズをはさんでホットサンドはいかが?


スポンサーサイト


ランキング

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations

オススメ♪

このブログを気に入ったら
お気に入りしてくださいね

サイトマップ(目次)

全ての記事を表示する

人気ブログランキング順位表!

+.(○´∀`ノノ イイナと思ったら
応援クリックお願いします^^

最近の記事

アクセスカウンター

メールフォーム

励ましの言葉など(あまり辛口だとへこむので)よろしかったら送ってください^^ コメント、TBは、スパムが多いので受け付けていません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。