スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング

生から作りたい たけのこご飯







とったどー!でおなじみ!「しゃくれ」のたまごと旬の野菜セット
販売価格 1580円総評価 5.0点 レビュー1件
内   容 大根(葉付)・人参・長ねぎ・水菜・ほうれん草・小松菜・ブロッコリー・卵 賞味期限 到着より3日以内 保存方法 10℃以下で保存(要冷蔵) 商品説明 【旬の野菜セット】千葉県八街より農家さんが丹誠込めて作りました朝採れ新鮮野菜をしゃくれの卵もお付けしてお届けします。 お一人様1回限定お試しセットはこちら!!なくなり次第終了させていただきます。










食の安全 食品・食材を賢く選ぶコツ
今日のテーマは「生から作りたい たけのこご飯」

もうしばらくしたら皮付きのたけのこも店頭に並ぶかと思います^^

旬の野菜を旬でおいしくいただきたいものですね^^

レトルトや、水煮のたけのこもありますが
水煮のたけのこはほとんどが中国産ということもあり
今後なくなることもあるでしょうからね(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


これを機会に1からたけのこご飯を作る事で
大抵の炊き込みご飯が手作りで作れると思います^^

私なりの作り方なので
まあ参考程度にどうぞ^^


まずはたけのこのアク抜きから^^

まずはじめに外の皮を2~3枚はがします

takenoko kiritori


まずは黄色の線のように
穂先をカットします


次に

takenoko katto



赤いラインのように
たけのこの大体半分くらいまで切れ込みを入れます^^



たけのこは、その日に掘ったようだったらいいんですが
スーパーなどで販売しているものだったり
写真程度に大きいものだと
生ではえぐみが出てしまうのでこれを
米ぬかを入れてゆでます
時間にして、、、1時間くらい私はゆでますが
そのゆでたあと、その湯がいたまま、冷ましておいてますね。。

購入すると米ぬかが結構おまけについてますが
もしもないときは米のとぎ汁でもいいですし
すぐに米をとがない時には
少しだけお米を入れて代用してもいいですね^^



さめたあとに皮をむき
たけのこご飯にするのは
下の方の硬い部分を利用します^^

穂先を使うのはもったいないし
穂先は土佐煮や、味噌汁にしても^^
(薄くスライスして刺身風でもいけますよww)


大体の分量^^

米 3 合

ゆでたけのこ 250 g

油揚げ 1 枚

酒 大さじ2 

薄口しょうゆ 大さじ1 

塩 小さじ1 

化学調味料系のだし 大さじ1 

木の芽  適量

私は鳥のもも肉も一緒に炊きます(お好みで^^)

鶏肉を入れる場合は先に鶏肉とたけのこの煮物のように
具材をゆでますが

鶏肉を入れないときには
具材をそのままお米をといで入れても出来ます^^

(生の鶏肉を炊飯器に入れると生臭いと言う場合があるためです)

鶏肉を入れない場合のレシピ


(1)米は炊く30分~1時間前(時間外)にとぎ、ざるに上げておく。
(2)たけのこの穂先はタテ半分に切って薄切りにし、根元はいちょう切りにする。
   油揚げは熱湯を回しかけて油抜きし、水気をしぼってタテ2つに切り、せん切りにする。
(3)炊飯器に(1)を入れ、調味料すべてを加え、水を分量の目盛りまで入れる。
(4)(2)のたけのこ・油揚げを加えてひと混ぜし、炊き上げる。
   炊き上がったら軽く混ぜ、器に盛り、木の芽を飾る。


結構簡単でしょ??

切って入れて炊飯ゴー^^で出来るんです^^

鶏肉を入れる場合は
ちょっとだけ濃い目の味付けで
そのまま汁を3合の水の分量にあわせられるようにします^^

食を見直したい今だから
案外簡単に出来ちゃうし
旬も味わえる、こんな炊き込みご飯は
覚えておくと他のレシピ
(きのこご飯、五目とり釜飯、さつまいもご飯、クリご飯などなど)
に、役に立ちます^^
スポンサーサイト


ランキング

Navigations

オススメ♪

このブログを気に入ったら
お気に入りしてくださいね

サイトマップ(目次)

全ての記事を表示する

人気ブログランキング順位表!

+.(○´∀`ノノ イイナと思ったら
応援クリックお願いします^^

最近の記事

アクセスカウンター

メールフォーム

励ましの言葉など(あまり辛口だとへこむので)よろしかったら送ってください^^ コメント、TBは、スパムが多いので受け付けていません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。