スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング

食の安全⇔食の危険

食の安全を考えるには、食の危険を知ることも必要です。

先日、「画期的な100%オーガニック野菜洗剤が誕生?
というニュースを読み、
食の危険についてまとめてみようと考えました。

皆さんは「食の危険」いくつ知っていますか?

  • 食品添加物
    着色料や保存料、酸化防止剤など、様々な目的で食品に添加される物質で、
    発がんなどの不安が指摘されています。
    また、体内でがんや老化などの原因になる活性酸素を増やします。
  • 残留農薬
    農薬には殺菌剤や殺虫剤、除草剤などがあり、
    それぞれに使用法や使用量が定められています。
    発ガンなどの不安のほか、体内に入ると有害な活性酸素を増やします。
    とくに収穫後の品質維持に使われる農薬は、残留量が多く危険です。
  • 抗菌性物質
    牛や豚、鶏や養殖魚などの病気の予防や治療のために、
    飼料に混ぜて使われます。
    食品の出荷時の残留基準があるものの、
    アレルギーの誘発や、抗生物質が効かなくなる薬剤耐性菌を発生させる
    などの不安が指摘されています。
  • 環境汚染
    現在は使用が禁止されていますが、すでに環境中に広く残留しており、
    農作物や魚介類などを汚染する恐れのある物質があります。
    とくにダイオキシン、PCB、有機スズ化合物などの環境ホルモンには、
    発ガンや肝臓障害などの不安が指摘されています。
  • 遺伝子組み替え食品
    作物を病気や害虫に強くしたり、
    除草剤への抵抗性などの目的で開発されましたが、
    アレルギー誘発や環境破壊などの不安から、
    日本での栽培は認められていません。
    輸入品については大豆、菜種、トウモロコシ、ジャガイモ、綿実の5品目が
    許可されています。

こんんな食環境の中で、私たちは毎日、
何をどう食べれば安心な食生活を送ることができるのでしょうか。

食のすべてをオーガニックにすることは、ほぼ無理です……。


私の食の状況はというと、半分は、レトルト・お弁当・外食などで、
半分は、普通に作っています。

自炊の時くらいは、
少しの手間で、添加物などから身体を守ることができるならと、
ホンの少しですが、気にかけるようにしています。

どうしたらよいか?ということで、以下の図書などを参考にしています。


「家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法
   ―食材の選び方、下ごしらえ、食べ方の工夫まで」
増尾 清:著 ISBN:978-4569637501

「野菜のソムリエ ―おいしい野菜とフルーツの見つけ方―」
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会:編集 ISBN:978-4093712125

「おいしいクスリ野菜―うまいものには薬効がある」
滝口 操:著 ISBN:978-4832714311


食の危険を減らすために、自分でできることもたくさんあります。
以下に簡単にまとめてみました。


1.食品の「選び方」

●信頼できるお店で買う
最近ではoisixなどの宅配有機野菜も注目されています。

●食品を見る目を養う
食品表示も今や、全てを信じることはできません。

●旬のものを食べる
旬のものは自然に育つため、農薬もあまり使っていないそうです。
栄養量も、旬がピークです。


2.料理の前の 「下ごしらえ」

●よく洗う
ほとんどの残留農薬や食品添加物は水に溶けます。
流水の下でていねいに洗います。

●水に溶け出させる
水溶性農薬は、洗っただけでは落ちないものもあります。
流水にさらす、ゆでる、調味料に漬けるなど、
それぞれの野菜にあった方法があります。
塩や酢は、毒消しの頼もしい味方です。

●有害物質のたまりやすい部分を取り除く
脂溶性農薬は、炒め汁、揚げ油などに溶けだします。
また、食品ごとに有害物質と、それがたまりやすい部分が異なります。
その部分は、潔く捨てた方がよいようです。


3.料理の工夫など 「食べ方」

●活性酸素の害を減らす物質をとる
有害物質が体内に入ると、活性酸素が多く発生します。
活性酸素の害を防ぐのは、
抗酸化作用のある「抗酸化ビタミン」「抗酸化成分」「抗酸化酵素」です。

●食べ合わせに気をつける
体内で活性酸素の害を減らす働きのある主な抗酸化酵素には、
SOD、カタラーゼ、グルタチオンオキシターゼがあります。

●食物繊維で有害物質を対外に出す
食物繊維はほとんど消化されず、大腸で体内に入った有害物質をからめて、
便と一緒に排出します。


これらの方法を行えば、農薬などが100%落ちるわけではありません。

食材の選び方で25%
下ごしらえで15%
食べ合わせで25%
全てを行っても、65%ほどの危険回避にしかならないみたいです。

そして、最後に大事なのが、「体を鍛えて免疫力をつけること」。
これが20%だそうです。

この4ステップの合計で85%です。
これだけやっても100%にはなりません(笑


しかし、「楽しく食べることがいちばん」ということで、
食の危険のことを知りつつ、食の安全のためにやれることはやり、
美味しく楽しく食べるようにしています。


スポンサーサイト


ランキング

Navigations

オススメ♪

このブログを気に入ったら
お気に入りしてくださいね

サイトマップ(目次)

全ての記事を表示する

人気ブログランキング順位表!

+.(○´∀`ノノ イイナと思ったら
応援クリックお願いします^^

最近の記事

アクセスカウンター

メールフォーム

励ましの言葉など(あまり辛口だとへこむので)よろしかったら送ってください^^ コメント、TBは、スパムが多いので受け付けていません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。